#80: 酒井大阿闍梨と「クロ」
c0042940_0173698.jpg
すごく観たい近作の一つである中国映画『単騎、千里を走る』が近々日本公開になることもあり、先日、主演の高倉健の『旅の途中で』(2006、新潮文庫)を読んでいましたら、所収された、「健さん」と、「二回つまり、二千日回峰行を成し遂げられた」比叡山飯室不動堂・大阿闍梨の酒井雄哉師との対談中に、「盲導犬の系統」にある「クロ」との「絆」の話をとおして「親子の絆とか」について酒井大阿闍梨が語っておられているところがありました。
以下、長めの引用になりますが、紹介させて頂きたいと思います。


酒井「・・・(略)・・・
今、絆っていう言葉がなくなっていきそうでしょ。
親子の絆とかね。その絆を犬が教えてくれてる。
僕から言わせると、犬でさえ、
自分を育ててくれ、食わせてくれる人に対しては、
忠実に慕ってついて来る。
ある日、山を歩いている時に野犬に襲われたんです。
野犬いうても、ここら辺の野犬いうたらもう、
牙が尖ってしもうて狼の親戚みたいになってる。
それが四匹ぐらいでたむろしてるんやね。
最初に、いちばん強い奴が真正面からぶつかってくる。
次の奴が背中に咬みつく。
次の奴が後ろ足に。次が前足に。
要するに全部咬みついてね。
相当大きな犬でも殺されてしまうんですよ。
そんな時でも、クロは盲導犬の系統を持っていたから、
おとなしくてなかなか鳴かない。
咬まれても人の顔見て、
その目を見るとわかるんですけど、
『おやっさん、ここからはよ行ってください。
自分はもうここで殺されてもいいから、逃れてください』
という目つきなんですよ」(P.218-219)
[PR]
by aiden301 | 2006-01-12 02:17 | ■ダイアリ


<< #81: 「クゥ!」の記憶 #79: ビースの盲導犬 >>