信号無視
c0042940_2423219.jpgガイド音のない交通信号下の交差点で及部さんがアイデンと信号待ちをする際、及部さんは主に、「人」の歩行の音、「自転車」の音、「自動車」の音それぞれに進行方向が自分と、同一の音、反対(対向)の音、鋭角の音を聞き分けているそうです(ご存知のとおり、盲導犬は交通信号を識別しません)。
そして進行方向が自分と同一の音のなかで及部さんご自身が最も「アテにする」(それにしたがうようなかたちで参考にする)のは、「自動車」の音であるとのことです。


その理由は、「『自動車』は音が大きいから」ということ以上に「『人』や『自転車』は、たとえわたしのそばにいても、すぐ信号無視するでしょ。だからアテにできないんです。むしろ連られてしまわないように気をつけてます」という点にあります。及部さんと私がこの話になったのも、交差点での信号待ち中に「ぁ・・・信号無視してる人がいますね」と及部さんが気づいたからでした。


交通信号無視は自分だけでなく他の人をも危険にまきこみうるものであり、そこには視覚障害者の方が「連られて」しまいかねないという上記のような場合もありますので、やはり信号無視はしないようにしましょぅ。
[PR]
by aiden301 | 2005-01-30 00:13 | ■ダイアリ


<< aisha1 形式、変えました >>