カテゴリ:アイデンのプロフィール( 1 )
盲導犬日本-301号「アイデン Aiden」
c0042940_148278.jpg財団法人日本盲導犬協会認定盲導犬・日本-301号「アイデン Aiden」は、2002年9月1日オーストラリアヴィクトリア州メルボルンで生まれた、ラブラドール・レトリバとゴールデン・レトリバのハーフ第一世代(F1)のオスです。
アイデンは、生まれて約1年間当地のパピーウォーカのご家庭で育てられ、2003年9月15日に日本に来ました。そして来日後間もなくから共同訓練開始の2004年3月1日の直前までの間、財団法人日本盲導犬協会/神奈川訓練センターの盲導犬歩行指導員である福井良太さん(現・財団法人栃木盲導犬センター)から盲導犬としての訓練を受けました。
その後、共同訓練をへて、財団法人日本盲導犬協会から及部二郎さんに無償貸与され、現在、神奈川県横浜市の山に囲まれた海の傍で、ユーザの及部さんと及部さんのお母様と一緒に暮らしています。


財団法人日本盲導犬協会によりますと、訓練中のアイデンは「非常に頭の回転が速で、作業を覚えるのはすごく早」く、「人の感情を察知するのも速かった」そうです。その一方「頭の回転が速いので、見つからないようにイタズラするのが上手」だったようです。「人に甘えたがりますが、繊細な部分もあって、見慣れない格好をした工事現場のおじさんに吠えてしまった事もあり」、「良い意味でも悪い意味でも、甘えん坊のお調子者」なアイデンです。

アイデンには妹のアイシャがいます。アイシャは「アイデンと一緒に空輸されてきましたが、彼女は盲導犬にはなりませんでした。アイデンに2重の輪をかけたような元気の良さで、動きも速かった為、今はペットとして幸せに暮らしています」。




註: 本内容は財団法人日本盲導犬協会への取材に基づいています。上記中引用符(「」)内は、取材内容の直接引用箇所です。掲載写真は、高橋が初めて撮影したアイデンです
[PR]
by aiden301 | 2004-11-23 12:33 | アイデンのプロフィール